貯水槽清掃

より信頼性の高いビルメンテナンスBUILMAINTENANCEビルメンテナンス部

 

貯水槽の水質管理の目的は、人の健康を保ち生活用水として品質を保持するため極めて重要な事です

貯水槽を使い続けると、水槽内に水垢等が貯まります。いくらきれいな水を供給されても貯水槽内が汚れたままでは意味がありません。 ひどい時には、夏場で水槽内に藻やカビが発生し、雑菌が繁殖して給水栓から出る水がカビ臭かったりすることがあります。

また、貯水槽の管理を怠ると通気口等から昆虫・鳥・ねずみなどが水槽内に進入する可能性があります。このような水を生活で使い続けると私達の体に悪影響を及ぼします。 そうならないためにも、毎年清掃を行い、槽内を清潔に保たなければなりません。

貯水施工前・施工後

清掃の方法

  1. 給水バルブを止めて、水槽内の水を抜く
  2. 取水管のバルブを閉じて水の供給を断ちます。その後、水槽のバルブを開けて水槽内の水を抜きます。

  3. 水槽内の清掃をする
  4. 清掃作業をする時に使う清掃用具を塩素消毒し殺菌します。その道具を使って貯水槽内を清掃し、高圧洗浄機を使って槽内の清掃した汚れを洗い流します。 このとき、水槽内の設備(フート弁、電極棒、ボールタップ等)の点検をします。

  5. 槽内の消毒
  6. 清掃後に槽内を消毒して、雑菌等を殺菌します。槽内の消毒には塩素系の消毒液を用いて2回消毒します。(1回の消毒時間:30分以上)

  7. 給水バルブを開けて水槽内に水を入れる
  8. 消毒後、取水管のバルブを開けて水槽内に水を入れます。

  9. 給水後、残留塩素測定・水質検査の実施
  10. 給水後、水槽内における水質検査を行う。
    遊離残留塩素濃度 0.2mg_L以上
    色度 5度以上
    濁度 2度以下
    臭気・味 異常でないこと